概要

久宝寺こうえんマルシェは、地域の農産物や有機農産物、それらを使った料理等を提供し、地産地消を含めた食のあり方について考える機会を提供するとともに、 地域や福祉施設における創作活動を紹介し、マルシェを通じてさまざまな交流を生み出し、農と福祉、地域と公園の活性化につなげていくことを目的に行います。これらの趣旨にご賛同いただく出店者様を募集しています。      

目的

  1. 信頼感・個性・こだわりを重視した久宝寺緑地近郊の農業を応援すること
    • 中河内・大阪市に住む人々に、近隣(地場)農業があり、かつ真面目に農業をがんばっている農業者が多くいることをアピールする
    • 農産物に季節感がなくなり、また、遠方からの農産物を食べる機会が増えているなかで、消費者に旬の地場農産物の美味しさ・新鮮さを知ってもらう
    • 直接消費者に販売し会話することで、農業者がやりがいや食の根幹をつくっている自負、農産物に対する自信、また、消費者ニーズを意識した農業に関心と意欲を持ってもらう
    • 近郊の農業者の農産物であればどんな農産物でもいいというわけではなく、美味しく質のよいもののみを置くことで、「あのマルシェに行けばいいもの(本物)が売っている」と消費者に判断されることで、良質な消費者が来場してくれる
    • 2次・3次従事者とのつながりも重視し、農産物の地域内循環もめざし、加工者はなるべく地場農産物をつかった食品や料理を販売してもらう。出店者すべてが、出店者の個性ある「こだわりもの」を提供してもらえるようにする
    • このマルシェが、農業者―加工者―消費者がつながり、消費者の意見が農業者に伝わることにより、よい商品が常に販売される好循環をつくりだせるように努力する
    • さまざまな縁をつなぐ、耕すことで(耕縁)、いい循環(ぐりぐり)がつくられていき、みどり(農)の維持、気づき、愛着につながる
  2. 街と里を繋ぎ、食と農と福祉を通じてみどり豊かな公園で人々を繋げコミュニティ活性化を図る
  3. 食に関する啓発活動(食育)、地産地消を促進し、公園空間を活用した賑わいづくりが新たな公園文化となり、ものの価値や場所の価値を再認識していただく機会を創出し、農とみどり、地域および公園の活性化に寄与すること

出店募集要項

久宝寺こうえんマルシェにご出店を希望される方は、以下のデータをダウンロードしていただき、内容をご確認の上、FAXかメールで提出してください。ワードファイルをダウンロードして入力いただくとメールで送りやすいです。(メールアドレス:marche@toshi-kouen.jp)

 月度マルシェの出店募集の締切は平成29年5月7日(日)とさせていただきます。

 月度マルシェの出店募集の締切は平成29年6月11日(日)とさせていただきます。

ダウンロード
久宝寺こうえんマルシェ出店募集要項、出店応募フォーム
久宝寺緑地で行われる「久宝寺こうえんマルシェ」出店募集要項と応募フォームです。
久宝寺こうえんマルシェ出店募集要項(第4版)送付用縮小版PDF.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 976.3 KB